京都で 一戸建て や 地下付 住宅 を 検討 ・ お探しの方へ

視点を変えることにより見つかる解決法

既に、このホームページをご覧になった方は、お気づきかもしれませんが、その解決法地下室のある家づくり」なのです。

 

「地下室」を利用する事により、先ほど触れた一般的に普通の大きさの家〔延べ床面積27坪〕の住宅を計画するのに必要な土地がたった30坪ですみます。

 

仮に、坪単価50万の土地だとすると、30坪の大きさの土地の価格は、1,500万円になります。そして、その土地に地下室のある家を建てた場合、地下室付住宅はローコスト住宅ではないので、2,000万円程度かかると思います。

 ということは、諸経費(200万円)を含めても3700万円で、マイホームが実現できるのです。

図3.gif

しかも、地下室のある家を選択する事により、ペラペラのローコスト住宅ではなく、高性能な価値ある地下室のある家を、550万も安く手に入れることができるのです。

  そして、さらに嬉しいことに《建てたい家によって向く土地は違う》のページでも書きましたが、地下室付住宅に適する土地はどのような土地だったか、もう一度、思い出してください。 地下室のある家に適している土地は、傾斜地である等、決して、一般受けしない土地です。 

しかも、一般的に、不動産業者の間では、風致地区内で30坪の土地では住宅を建てることができないと見なされています。

 

そんな土地だからこそ、安いお得な物件を見つける事が出来る可能性が広がるのです。

 たとえば、傾斜地で、おまけに変形地だからという一般的に悪いと思われている条件のために、坪単価35万の土地が見つかったとしましょう。

 すると、総額を更に450万下げることが出来るのです。

 

こうして、最終的に、普通の一戸建てを普通に手に入れるより1000万も安く住宅を手に入れる事が出来れば嬉しいと思われませんか。

  

 これが、私が推進している《子育て世代の家づくり》です。

  是非、今こそ、従来の家探しを見直して、ちょっと違った目線でマイホームについて考えてみませんか?