京都で 一戸建て や 地下付 住宅 を 検討 ・ お探しの方へ

まず、方針を決めよう!

土地探しにおいて、一番初めにしたいことが、

方針を決める 」 ことです。

 私が、家づくりの最初の段階で、土地探しからのご相談をお受けする際に、時々、いらっしゃるのですが、物件についての交渉に入ってから、途中で意見を二転三転される方があります。

 これでは、せっかく見つけた物件を購入できないだけでなく、ご本人、ご家族、その他、周囲のすべての人にとって時間や労力を無駄にすることになり、決して良い結果にならないと思います。

 

 ですから、まず、決めるべきことを

きちんと決めておくことが大切です。

  

例えば・・・・・

★ 家族内の意見をひとつにまとめておくこと

★ 親族や職場の関係等、土地を購入するに際して事前に了承を得たり、相談をしておかなければならない人がある場合は、きちんと話しておくこと。

★ いい物件が見つかったら、すぐに交渉できるように体制を整備しておくこと

 きちんと体制を準備しておくことで、チャンスを逃さず、よい物件を購入することができます。

 

スライド4(1).JPG

誰に相談する(しなければならない)か確認する。

それでは、自分が土地を購入する時に、誰に相談する(しなければならない)かを

書き出してみてください。

★ 配偶者や子供達、家族の意見は、どうでしたか?

★ 両親の意見は、どうでしたか?

★ 方位や信教上の決まり等の確認は必要ではありませんか?

★ 親しい知人や友人等意見を聞いておきたい人はありませんか? 

 

きちんと順序よく相談し、納得してもらっていない場合、援助を受けることが難しくなくなったり、協力を得られないだけでなく、気持ちの上での凝りを残すことにもなりかねません。 

せっかくのマイホームです。みんなが喜ぶ楽しく嬉しい家づくりがしたいものです。

スライド2(2).JPG