京都で 一戸建て や 地下付 住宅 を 検討 ・ お探しの方へ

地下室のある家づくり

近年、「地下室」のある家づくりが人気となっています。

 

そもそも、「地下室」とは、いったいどんなものなのでしょうか?

 

それは、「地階」と表現されるとおり、床が地盤面より下にある空間のことです。

  

 

建築基準法では、地下の定義として

 

地盤面からの地下室の天井にあたる高さが1m以下であること。

  ○地下室の床から地盤面までの高さが、地下室の高さの3分の1以上あること。

   としています。

 

  地下室イメージ(1).jpg

それでは、地下室は、どんな用途にでも使えるのでしょうか?

  例えば、地下室を居住空間とするためには、採光、換気、避難経路等ふさわしい工夫をこらし、居住性を高めた環境とする必要があります。

 建築基準法により、住宅の「居室」は、窓その他の開口部を設けなければならないと決められているので、部屋に全く窓が設けられない場合は、「居室」として利用することはできません。

 地下室は、その使用目的にあった様々な工夫をすることにより、快適に使用することができます。

 

地下室が低価格でできる理由  2_NEXT.GIF